誰にでもなり得る逆流性食道炎の実態|食後のケアが大切

相談

血液から発生するがん

カウンセリング

悪性リンパ腫は血液のがんです。ホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫にわけられます。抗がん剤による多剤併用化学療法による治療が有効であり、人気があります。原因は、はっきりとわかっていません。そのため、病気の特定までに時間がかかることもあり、注意が必要です。

もっと見る

直腸にできる悪性腫瘍とは

病棟

直腸がんは大腸がんの一つで、下血や血便が特徴です。早期発見すれば完治することもあります。食生活を見直したり、タバコやお酒を控えたりすることで、ある程度予防できます。下血や血便以外にも、おならや腹痛、下痢などが見られます。また大腸ポリープががん化することもありますので、早めに切除するといいでしょう。

もっと見る

放っておくと怖い胃の症状

看護師

現代人に増えている病気

現代人に増えている病気が逆流性食道炎です。朝起きた時や食後に胃が痛む、ムカムカする、すっぱい液がこみ上げる感じがする、というような症状が現れます。これらの症状は食物を消化する際に分泌されている胃液が、食道に逆流してくるために引き起こされています。胃液は強い酸性の液体です。胃は自らが溶かされてしまわないように内部を粘液で覆って保護しています。しかし口と胃を結んでいる食道にはその機能がありません。通常、胃の上部は食物が通る時以外はしっかりとすぼまるようになっています。ところが何らかの原因でこの機能が弱まると、逆流した胃液で食道がただれてしまいます。逆流性食道炎を防ぐためには腹八分目の食事量に抑え、食後すぐに横にならないことが大切です。

早めの対処が重要

逆流性食道炎は酷くなると食道から出血を起こし、繰り返し組織にダメージを与えるので食道がんになりやすいとも言われています。しかし、ただの胃もたれだと勘違いして逆流性食道炎になっていることに気がつかない人が多いのです。胃の不快な症状が長く続いているのであれば、医療機関で胃カメラ検査を受ける必要があります。苦しいイメージのある胃カメラ検査ですが、より細くて小さなカメラを鼻から通すことで吐き気が起こりにくくなった経鼻胃カメラも普及してきています。逆流性食道炎は胃液の分泌をコントロールする薬を飲めば症状を抑えることができます。適切な対応をとれば快適な生活を取り戻し、重大な病気に発展することも防げるのです。

胃の悪性腫瘍

カウンセリング

胃がんには、早期胃がんと進行胃がんがあります。どちらの場合も、中年男性の罹患率が高い状況です。胃がんの原因には、不摂生な生活習慣が挙げられます。喫煙や飲酒が原因に成ることが多いので、注意しましょう。そして、もし何らかの異常を感じたらすぐに医療機関を受診しましょう。

もっと見る