血液から発生するがん|誰にでもなり得る逆流性食道炎の実態|食後のケアが大切

誰にでもなり得る逆流性食道炎の実態|食後のケアが大切

男性

血液から発生するがん

カウンセリング

2種類にわけられます

悪性リンパ腫は血液のがんといわれ、主にホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫にわけられます。症状は、太ももの付け根やわきの下、首などのリンパ節が腫れます。触るとぐりぐりとした感じがして、押しても痛みはありません。進行すると、体中のリンパ節が腫れてきます。また、寝汗がみられたり、発熱、体重が減るといった症状も現れます。また、リンパ節以外にも、脾臓や扁桃が腫れることもあります。人気がある悪性リンパ腫の治療方法は、抗がん剤による多剤併用化学療法です。これは、非ホジキンリンパ腫の治療にも用いられますが、特にホジキンリンパ腫の治療に有効です。10年生存率が70パーセントほどとされていて、悪性リンパ腫のなかでは比較的良好です。

原因は解明されていません

現在、悪性リンパ腫の原因は解明されていませんが、ホジキンリンパ腫は、EBウイルスというウイルスが発症に関与していると考えられています。また、非ホジキンリンパ腫は、遺伝子の異常によるものと考えられており、一部にはウイルスに感染することによるものという考えもあります。原因がわかっていないため、病気が特定されるまでに時間がかかる場合もあるため、注意が必要です。ホジキンリンパ腫はリード・ステルンベルグ細胞とホジキン細胞という2つの細胞を検査して診断します。非ホジキンリンパ腫リンパ節を一部切り取って、検査を行います。リンパ球が腫瘍化している場合、悪性リンパ腫の非ホジキンリンパ腫と診断されます。食欲不振や呼吸困難などの症状が現れることもあります。